私はすかいらーくの株を保有しています

株主優待を行なっている企業はその株価があらゆる指標から見て割高であっても、株主優待が魅力的であれば株主優待が欲しい個人投資家がその株を購入してくれるので、飲食系銘柄というのは多くの場合株価は常に指標的に見ても割高にもかかわらず株価は堅調に推移していることが多いです。

このような株主優待を目的とした投資は株主優待さえもらえれば文句をいわない投資家なので、企業は株主優待を厚めに出すのです。

優待株式の目玉銘柄は文句なくかつては日本マクドナルドでしたが今はすかいらーくでしょうね。実は私も株主優待だけを目的としてこの株を1000株保有しているので我が家にもこの会社から株主優待が到着しています。

私は通常このような大手チェーン店でガンガン外食をするタイプではないので、このような株主優待券はさっと街の金券ショップに持っていって換金してしまいます。

しかし、すかいらーくは話が別なのです

なぜならば、すかいらーくは様々な外食チェーンがあるので、いくら株主優待券があっても私は困らないので、私はそれを換金してしまうことがないのです。

私は一応は働いているので自分が食べていくだけならば全く困りません。

それに、私は数学ができないにもかかわらず「文系学部に行ってしまっては就職は危うい」と思っていたので、あまり人に知られていない東京都内にある国立大学で勉強しました。

この大学は多くの人に知られていませんが、工学部が売りの大学なので就職はかなり楽でした。

そんな私は、会社の開発部でエンジニアとして働いているので実は一日中会社の中にいます。

しかも、開発は本社のある都心ではなく郊外なので、周りは緑に囲まれた自然豊かな環境なので、昼飯は会社の社員食堂で食べますでお金もあまりかからないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です